本文へスキップ

EyeMagはカールツァイス双眼ルーペEyeMagシリーズを紹介するショップです。。

電話でのお問い合わせは045-392-9967

メールでのお問い合わせはこちら

双眼ルーペの選び方loupes

カールツァイス双眼ルーペ EyeMagシリーズ

術野を拡大観察すること、それはこれまで見落としていた所見を発見する可能性を引き出し、使用者に大きなメリット
をもたらします。手術顕微鏡をはじめとする光学器械のパイオニアであるカールツァイスでは、長年にわたる光学技術
のノウハウを集約して製品化した双眼ルーペならびにLED照明システムを提案します。
双眼ルーペは使用者のニーズに合わせて、ガリレアン式(双眼ルーペEyeMag Smart)、ケプラー式(双眼ルーペ
EyeMag PRO)の2つのモデルを用意しました。

ガリレアン式とケプラー式

ガリレアン式 ケプラー式
一般的に2枚のレンズで構成されています。そのシン
プルな構造により、軽量でコンパクトなボディ設計が
可能になりますが、シンプルな構造がゆえに収差が
生じやすく、そのために倍率は2.5倍程度に制限され
ます。
5枚のレンズとプリズムで構成されています。光路内に
プリズムを入れ、光を屈折させることにより、像質を低下させることなく拡大倍率を上げることが可能になります。

双眼ルーペの選択

正しい双眼ルーペを選択すると、長時間快適に作業できるようになります。
選ぶポイントは以下の2点です。

1. 適切な作業距離
使用者の体格や用途によって変わります。
立っている状態で作業を行う場合は400〜500mm、座った状態の場合は300〜450mmの作業距離が適切であることがほとんどです。
普段の作業をする姿勢で目から手元までの距離を測ってみましょう。

2. 適切な倍率
倍率と視野径(見える範囲)は密接な関係にあります。低い倍率だと視野径は広く、高い倍率だと視野径は狭くなるものの、より良く見えるようになります。

各科における倍率と作業距離

下記に下記かにおける倍率と作業距離を示します。
(あくまでも目安としてご参照下さい。)

分野
倍率
作業距離
歯科
3.5x
400mm
3.6x
350mm
4.3x
400mm
4.5x
350mm
整形・形成外科
3.2x
500mm
3.3x
450mm
脳神経外科
3.2x
500mm
3.3x
450mm
眼科
3.6x
350mm
耳鼻咽喉科
3.2x
500mm
3.3x
450mm
婦人科
3.3x or 4.0x
450mm
カールツァイス

ショップ情報

コスメディカル株式会社

〒245-0051
神奈川県横浜市戸塚区
名瀬町1795-102
TEL.045-392-9967
FAX.045-392-9968
info@eyemag.biz
→ショップ案内